観察力

今日もペーパーを10枚です。


テーマは昨日に引き続き観察力。基本的には得意なようでスラスラいけますが、少し慣れが必要だなと思ったのが、穴あきの図形にはまる図形を選択肢の中から選ぶ問題。選択肢の図形をそれぞれ回転させたら一致する図形が分かるのですが、難易度から考えて、回転させる事よりも見た目の特徴で一致する図形があるという事を理解させないといけないのでしょう。ただ、似たような図形の場合はなかなか難しいですね。


子ども目線で考えたり見たりした時にどうなのか、それを咀嚼して分かりやすく伝えるにはどうしたらいいのか。小学校受験の準備を始めてから、父親として日々直面している課題です。


[PR]
by ysyshs2012 | 2017-06-30 20:47 | 問題集

今日も雨が上がったので、近くの公園でボールの投げ上げの練習…のつもりでしたが、息子の希望でほとんどサッカーに。


マーカーコーンのドリブルも考査に出る事があるので、先の事を考えればまあいいかなと。ただ、全部インステップで蹴るので、結構な確率で跳んでいく方向が散らばります。そのたびに取りにいくのは私なので、息子よりも汗だくです。


マーカーコーンも買ったので、次はドリブルの練習をしてみようかと思います。


肝心のボールの投げ上げは今日は復習ということで、手叩きはやらずに普通の投げ上げのみ。10回までは出来るようになっています。


[PR]
by ysyshs2012 | 2017-06-30 19:22 | 運動

観察力

今夜のペーパーは10枚、観察力です。要するに間違い探しですね。


やらせてみて気付いた事は、「間違いを何個見つけてください」と具体的な数が言及されない方式に慣れていない事でした。問題文が「間違いを見つけて◯を付けてください」の場合、一つ二つ見つけても、他にもまだ間違いがあるのか今ひとつ確信を持てずに探している様子が印象的でした。


もう一つの気付きは問題集の質。印刷、製本の段階で問題があったのか、線の太さや模様の刷り上がりにムラがあり、答えを見ても「これも答えでいいんじゃないかな?」というのがいくつもありました。お題が間違い探しだけに、妻とも「これは悪問だよね」と口にしていたくらいで、親としても少しモヤモヤした気持ちが残る今日のペーパー学習でした。


[PR]
by ysyshs2012 | 2017-06-30 01:58 | 問題集

積み木で立体図形の理解

小学校受験では重なった図形の数などの出題があります。


そのため、立体図形を実際に作ってみて、体験を通して理解しておく必要があります。今日はくもんの図形キューブ積み木を使って30分ほど遊ばせました。


遊びながら学ぶ事が出来るので、息子も楽しんでいました。


[PR]
by ysyshs2012 | 2017-06-29 20:09 | 体験

今日も夕方、近くの公園でボールを使った練習です。


ボール投げはだいぶ安定してきたので、キャッチボールを軽くしてから、前回の振り返りを兼ねてボールの投げ上げをまず行いました。


さすがに昨日やったので、それなりにキャッチ出来ますが、5回くらいで終わってしまい、どうも安定しません。時折真上に投げれずに後ろにボールが流れてしまいます。とはいえ、上手くなっているのは確かなので、継続ですね。


続いて、投げ上げての手叩きはやってみせた後にやらせてみると、2回手を叩いてのキャッチは出来るようになりました。


①上に投げ過ぎない


②ボールをよく見る


③リズムよく手を叩く


この3つの指示で変わってきました。次回は3回手叩きを目指して引き続き取り組んでいきます。


[PR]
by ysyshs2012 | 2017-06-29 20:01 | 運動

一口に小学校受験とは言っても、色々な準備があります。


ペーパー、巧緻性、運動、行動観察…


何処までを教室にお任せして、何を家庭でやるか。全部教室に任せるという術ももちろんありますが、そんな事をしたら、週5回の教室通いで月額20万という事態にもなりかねません。費用面の負担も大きいですが、こういった教室の開催は平日は大抵日中なので、共働きでは週5回の送り迎えは不可能です。


そのため、我が家では、教室通いは週末の総合クラス週1回とし、教室通いで見えてきた課題の潰し込みやペーパーを家庭でやることにしました。


費用面と送り迎えなど物理的負担を鑑みてのプランニングは非常に重要です。


[PR]
by ysyshs2012 | 2017-06-29 13:20 | 総論

ボールの投げ上げ

ボールキャッチと合わせて、ボールの投げ上げの練習もしました。


真上にボールを投げてキャッチする動作を繰り返す運動で、小学校受験でも頻出のようです。


まず特にコツも教えないままやらせてみると、2回も続けられません。


上手く出来ない要因としては、次の3点が浮かび上がってきました。


①勢いよく上に投げるため、ボールが何処にいくか安定しない


②投げた後のボールを見ていないので、落ちてくるタイミングが分からない


③何故か投げる時に息子もジャンプするので、キャッチの初動が遅れる


 


失敗する原因が分かったので、次は対策です。


①ボールは思い切りではなく、頭の上まで軽く投げる


②キャッチしやすいように前や後ろではなく、出来るだけ真上に投げる


③投げた後のボールの動きをきちんと見る


④投げる時にジャンプはしなくてよい


この4点を伝えてやらせてみると、すぐに10回までは出来るようになりました。


親からすれば出来て当たり前の運動でも、子どもはやった事がなければ出来ない事も当然あります。どうやれば上手く出来るかを体験を通して理解させて習得していくこういった積み重ねが大事なんだなと改めて思いました。


次のステップはボールの投げ上げに合わせた手叩きです。


 


 


 


[PR]
by ysyshs2012 | 2017-06-29 02:13 | 運動

話の記憶と言語

今日もプリントを5枚。


話の記憶を3枚と言語を2枚です。


言語は菊、孔雀、松が分からず、しり取りが成立しませんでした。日々の生活の中で語彙力を増やしていくしかありませんね。


話の記憶は長文になると、集中力が途切れるようなので、こちらも反復かなと思っています。


[PR]
by ysyshs2012 | 2017-06-28 20:56 | 問題集

ボールキャッチ

仕事が早く終わったので、今日も近くの公園でボール投げの練習。


片手投げはさまになってきたので、今日はボールキャッチに時間を割いてみました。


体の正面できちんとボールを見て受け止めると教えるのですが、少し顔を逸らしながらになって、時折取り損ねていました。おそらく少し怖がっているのかなと思います。


慣れてくれば恐怖心もなくなると思うので、実践あるのみですね。


[PR]
by ysyshs2012 | 2017-06-28 20:30 | 運動

ボール投げ

幼児教室の運動テストでボール投げが上手く出来ないことが判明してから、片手投げの練習を始めました。


両手投げなのは分かってましたが、いざ近くの公園でやらせてみると、両足を揃えたまま投げていました。これでは遠くにも投げられませんし、弱い球にしかなりません。


軸足と反対の足を踏み出しながら投げると、強く投げられる事を説明するのですが、最初は投げにくいのかすぐに元に戻ってしまいます。


的当てゲームを取り入れて、遊び感覚で理解させると、ようやくさまになった投げ方になってきました。


単に教えるのではなく、子どもをいかにのせるかが本当に重要ですね。


[PR]
by ysyshs2012 | 2017-06-27 22:05 | 運動